ペットと一緒のお墓選び


最愛のペットが亡くなった時、ペットのお墓を設けない場合は、所有する土地(庭)などに埋葬したり、自治体に引き取ってもらったりするのが一般的でした。

しかし、最近では「一緒に暮らしたペットとともに眠りたい」という声も多く、ご家族のお墓にペットも埋葬できるお墓が登場しています。


ご家族の隣に埋葬するタイプ、ご家族とご一緒に埋葬するタイプ、どちらかを選べるタイプなど、霊園によって様々。

墓石のデザインもいろいろなものがあり、ペットの名前を刻むことも、写真やイラストをいれることもできます。名前を彫る場合は、洋型のデザインを選ぶ方が多くいらっしゃいます。


ペットの種類は問いません。犬・猫・ウサギだけでなく、ハムスターや錦鯉など、どんな種類のペットのお墓もつくることができます。


霊園内の一等地にペットと入れるお墓があるところもありますが、一部の墓域だけを「ペット埋葬可能区画」として販売し、皆様が気持ちよくお参りが出来るように配慮されている霊園もあります。

お墓参りの際も、霊園によってはリードをつけたり、抱っこでの移動をお願いしたり、ペットが入れる場所に規制を設けている霊園もあります。


中でも「町田いずみ浄苑フォレストパーク」は、霊園には珍しいドッグランも設けられています。


昨今のペットを飼う家庭の増加に伴い、ペット供養の方法は多様化しつつあります。
ペットに対しても手厚い供養をとお考えなら、ペットと一緒に入れるお墓をご検討されてはいかがでしょうか。


2-2.jpg

お問い合わせ窓口

0120-12-1440

お電話でのお問い合わせ
9:00~20:00(無料・年中無休)

メール相談(無料)