「お墓参りに関するアンケート調査を実施」全国石製品協同組合

 全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、代表理事 太田明)は、お盆の時期を迎え、お墓参りの習慣に変化があるのか、 お墓参りについての実態を把握するために、全国40代~70代以上 男女 1,024名を対象に「お墓参りに関するアンケート調査」を実施いたしました。得られた回答結果の概要をまとめました。


― お墓参りに関するアンケート調査概要 ―


【調査対象】     お墓を持っている方、 全国、40才代以上男女
【調査期間】    2016年6月1日~2016年6月8日
【調査方法】    インターネットリサーチ
【有効サンプル数】 1,024名


- 調査結果概要 -


■全体では、約90%の人は年1回以上お墓参りをしており、もっとも多くは2回の25%、年3回以上も
40%以上 お墓参りへ行きたくないは4%にとどまっているという結果が出ています。

d15761-9-318692-5.jpg

■お墓参りは50代以上で7割弱が「年2回以上」 40代でも6割弱が年2回以上お墓参りへ。

年代別では、年代が上がるにつれお墓参りの回数が増える傾向にあり、60代では、71.6%、70代では81.4%が年2回以上お墓参りへ行くという結果が出ています。また40代でも60%弱が年2回以上のお墓参りをしています。

d15761-9-841215-3.jpg

■墓参の時期は、「お盆休み」が約70%で最多、次いで「春・秋のお彼岸」などの時節行事にする人が多く次いで「故人の命日や月命日」と続く。

墓参の時期をたずねたところお墓参りへ行く「時期」で最も多かったのが、 『お盆休み』という回答が最も多く、 お墓参りに行く方1,024名中、 約7割(718名)の方がお盆休みと回答、 続いて、 「春彼岸」、 「秋彼岸」、 「故人の命日や月命日」と続き時節行事・命日等の節目に墓参する傾向がありました。

d15761-9-117156-1.jpg

d15761-9-486859-4.jpg


- お墓参りに関するアンケートのまとめ -


・約90%の人は年1回以上お墓参りをしている。
 (
もっとも多くは2回の25%、年3回以上も40%以上)

・年代別では「40代も60%弱が年2回以上お墓参りへ行く。」

・墓参の時期は、「お盆休み」が70%で最多。
 (次いで「春・秋のお彼岸」「故人の命日や月命日」と続く。)


 昨今、「墓離れ」「墓じまい」など、供養への関心が薄れつつあるのでないかと思わせる言葉が使われることがありますが、 今回のアンケート結果を見る限り、墓参の割合、頻度、墓参時期、年代別にみても、お墓や供養、時節行事を大切にする習慣や文化が依然として継承されていることがうかがえます。 全石協は、今後も、個人や家族のライフスタイルに対応した多様なお墓のニーズに応えられるよう、供養文化や正確な墓地・墓石情報の提供に努めてまいります。

お問い合わせ窓口

0120-12-1440

お電話でのお問い合わせ
9:00~20:00(無料・年中無休)

メール相談(無料)