Q&A 墓石に刻む言葉は何でも良いのでしょうか?



基本的に、墓石に刻む文字は自由な発想で選んでいただいて構いません。


お墓には、「○○家」という文字が彫られているのが一般的ですね。
その他にも宗派によって決められた言葉、例えば「南無阿弥陀沸」や「南妙法蓮華経」といった言葉が刻まれてきました。


最近でも、それらの文字の墓石を見かけることが多いのですが、「○○家」の代わりに、「和」「愛」「心」「絆」など、故人の好きであったフレーズや、家族をイメージする言葉が彫刻されたお墓も目にするようになりました。


言葉を選びたいと思っても、宗派の問題等で自由に文字を刻む事を禁止している墓地もありますので注意しましょう。


その他にも、寺院墓地に他宗派で使う名号・題目・経文などは刻むことができないこともあり、お気に入りの歌詞を彫りたい時には、著作権をクリアする必要があります。


好きな言葉を入れる場合でも墓石の裏面や側面には「誰が、いつ建てたのか(建之)」は、入れますので、デザイン面での考慮も必要ですね。


あまりにも故人の思いを反映させると、後でお墓を継ぐ人が困る場合もありますし、墓石は一度彫ってしまうと手直しがききませんので、継ぐ方の立場にたって、慎重に行ってください。


3-8.jpg

お問い合わせ窓口

0120-12-1440

お電話でのお問い合わせ
9:00~20:00(無料・年中無休)

メール相談(無料)