「閉眼供養」と「お墓の撤去費用」について 

今回は、お墓を引越す際や撤去する際に行われる「閉眼供養」と、お墓の撤去費用などについてご説明いたします。
◆閉眼供養
閉眼供養は「魂抜き」とも呼ばれ、墓石から魂を抜いて、ただの石に戻す儀式のことを指します。「閉眼供養」とは仏教の呼び方で、浄土真宗の場合は「遷仏法要」または「遷座法要」と呼びます。
一般的に閉眼供養は、身内だけで行います。墓地を返還する場合は、更地に戻すことが多いため、墓地管理者への連絡、手続きが必須となります。
◆お墓の撤去費用
墓石の引越し、または処分費用、区画整理費用のほか、遺骨の取り出しにもお金が必要となる場合があります。また、檀家を離れる際には「離檀料」が発生することもあります。離檀料に相場はないため、檀家総代などに相談・問い合わせてみると良いでしょう。
霊園によっては、カロート(納骨室)はそのまま残し、墓石のみ撤去すれば良いという所もあります。閉眼供養やお墓の撤去費用は宗派、地方、供養の方法によって違うので、自分のケースがどうなのか確認するようにしましょう。

12-6.jpg

お問い合わせ窓口

0120-12-1440

お電話でのお問い合わせ
9:00~20:00(無料・年中無休)

メール相談(無料)