公営霊園(公営墓地)とは

公営霊園(公営墓地)とは

公営霊園(公営墓地)とは

 公営霊園(公営墓地)は、地方自治体(都道府県や市町村など)が管理・運営している墓地(市営・町営墓地・都立霊園など)です。
墓地使用料・管理料が比較的安価であり、宗教・宗派を問わず、地方自治体が管理・運営しているので、経営体制も安定していて安心である、などの利点がございます。

公営霊園のメリット・デメリット

◇メリット ~宗教不問・石材店の指定なし~

 都道府県や市区町村の自治体などから委託された公益法人による管理運営の場合が多く安心してご使用いただけます。永代使用権、管理料が安く、宗教法人を問わず、石材店の指定がなく、ご自身で選べます。公営墓地の魅力と言えます。
 ただし、「○○年以上継続して○○県内に居住している者」という制限がある一方、「他県の人でもいい」というところもあり、墓地によって異なります。申し込み前に自治体にお問い合わせください。

◇デメリット ~簡単にいかない取得~

 公営霊園の中には、何年も「募集予定がない」という墓地がります。いつでも自由に申し込めるわけではありません。一般的には募集時期が決まっていたり、既に使用している方が、墓地を返還し、空き区画が出る度に募集する場合もあります。公報やホームページで公募を知らせますので、見逃さずにチェックすることも大切です。
 次に「申込書」に必要事項を記入して郵送し、受付番号の通知を受け「公開抽選」をする場合があります。これは地域や墓地区画によって倍率が異なり、場合によっては狭き門の場合もあります。
 当選の通知を受けたら、指定日に必要な書類を持ち「書類審査」を受けます。審査完了後、「使用申請書」を提出、永代使用権発行にあたる「使用許可証」が交付されます。簡単に入手できず、手続きや書類に手間が掛かる場合もあります。

石材店の申し込み代行サービス

 経済産業省認可団体である全国石製品協同組合の加盟石材店では、お墓の建墓工事を条件に、公営霊園の申し込み手続き代行を無料で行う石材店があります。まずは、いいお墓探し!お墓の引越しドットネットの無料相談フリーダイヤルまでお問い合わせください。

墓地のスタイル

 面積を取れない都市型の墓地では、狭い土地の有効活用方法や、納骨堂に新たな方式を持ち込み、墓地の新しいスタイルが出て来ています。敷地にあっても、交通アクセスで難のある郊外型墓地では、お盆やお彼岸の時に最寄り駅から送迎バス運行を行うところが増えています。
 近年の超高齢化社会では、お年寄りや車椅子を利用される方でもお参りしやすい様、バリアフリーが取り込まれています。

○公園墓地

公園墓地

従来までのお墓の暗いイメージを払拭した、家族で楽しく公園に出かけるような雰囲気の墓地。緑豊かで、花が咲き、噴水があったり、遊歩道や休憩所なども整備されている場所もあります。また、霊園によっては“メモリアルパーク”と呼ぶところもあります。

○芝生墓地

芝生墓地

欧米風のスタイルのお墓です。芝生が一面に敷かれた敷地に、整然と洋型のお墓が並びます。納骨棺が埋め込まれ、それぞれのお墓を囲む外柵が設けられていません。

○壁型墓地

壁型墓地

墓碑が、壁のように並べられたお墓です。墓碑も納骨棺もすでに用意されているので、墓石を改めて建てる必要がありません。規定のサイズの家名を記す名板を、墓碑の前面の定められた位置に設置します。都市型の墓地に、求めやすいお墓を、という要望から生まれたと言われています。

○立体式墓地

立体式墓地

壁方墓地同様、限られた土地を有効活用した墓地です。従来のタイプのお墓と共同墓地の特長を合わせたスタイルです。